「シャクティ」の意味とは

瞑想スペースSOMA

mail: info@imhealing.net

lv

「シャクティ」の意味とは

コラム

2021/12/13 「シャクティ」の意味とは

瞑想について学んでいくと、「シャクティ」という用語を目にする機会があると思います。
これは一体どういう意味なのでしょうか。
今回は、シャクティの意味について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

シャクティとは

「シャクティ」とは、インド哲学において「宇宙の根理」を意味する言葉です。
簡単に言うと「力」「創造力」、もっとかみくだくと「できる」というような意味ですね。
瞑想をする時、私たちは自分の内にひそむエネルギーと向き合うことになります。

どのようなエネルギーが眠っているかは人によって違いますが、誰もが何らかの可能性を秘めています。
自分の可能性を発見する時が、「シャクティ」を得る時だと思ってください。
内面と向き合ってシャクティと出会った時に、今までわからなかった本当の自分が発見できるというわけです。

どうすればシャクティを得られる?

自分の中のシャクティに出会うのは、簡単なようで難しいです。
瞑想の達人と呼ばれる人でも、本当のシャクティを得るまでには時間がかかります。
しかし、求めていけば必ずシャクティはご自身の中に眠っています。

小さな欠片のようなシャクティでも、触れれば必ず効果があるでしょう。
シャクティに触れてみたい方は、瞑想を専門に行っているサロンにお越しください。
ゆっくり、じっくりとシャクティを実感していきましょう。

まとめ

シャクティとは、力や想像力を意味する言葉です。
もっと簡単に言うと、ご自身の中に潜む可能性のようなものだと思ってください。
シャクティに触れるのは簡単ではありませんが、ある程度瞑想を続けていくとシャクティの欠片を発見できます。
瞑想スペースSOMAでもいろいろな瞑想プログラムをご用意してお待ちしていますので、ぜひ一度体験してみてください。
一緒にシャクティを模索していきましょう。

TOP