インドのカオスで初体験した最悪の感情も、とても早く溶かしてくれた瞑想パワー

  • インド暮らし3日目


    Posted on 2012年8月21日(火) /カテゴリー: ONENESSに還ろう(メルマガ転載)

    ONENESSに還ろう- I am Healing 通信 vol.63

    嫌なものがあると、ずっとそれが気になってフォーカスしてしまい、フォーカスすると、もっとのしかかってくる。あるがままに認めると、それは気にとまらなくなる。そのまま瞑想で深く空の中に入ると、感情が溶けて癒されていく。

    インド暮らし3日目のこと

    ある程度想像はしていたものの・・・
    想像をはるかに越えて・・・
    インドは、「汚い、臭い、うるさい」の三拍子。

    深夜を問わず、なり続けるクラクションに気が変になりそうでした。
    クラクションが鳴らない時間を計ると、5秒の静寂もないんです。
    (あまりにうるさくて、思えばそればかりに集中してた)
    あまりにうるさすぎて、イライラ度は高まり、気が狂いそうに・・・
    車もバイクも、クラクションを鳴らしつづけながら走ります。

    汚い、臭いよりも最初に越えるべき壁はうるささでした。

    巡礼の人々の波のなかで、あ、今トイレしたい。となると、その場がトイレになります。
    良く見るのは男性。
    腰巻姿のまま、しゃがみこみます。
    歩いている人々は、気にする様子もなく、ただ、その人にぶつからないように避けて歩くだけ。

    道を歩くと、さまざまなものが落ちています。
    ゴミといっしょに牛や犬のうんちもごろごろ。

    ゴミはガンジス河に流したり、そのまま道端に捨てられていて、薄い、濃いはいろいろですが、どこもかしこも生ごみ様の匂いがします。

    雨のあと、ぐちゃぐちゃになった道を歩いている時は、何を踏んでも分からない、あやしい感触も味わえます。

    アシュラムへは山を登らなくてはならず、ヨガ、瞑想、食事・・・と1日に8~10ほどあるさまざまなスケジュールをこなすのに、何度も往復することになります。
    あまりに暑いと、そこへ登る気力がなくなることも・・・
    おまけに、先生方インド人の英語はほとんど分からない。
    アシュラム滞在者は外国人ばかりだし、

    3日目にして、意識は最下降。
    「あ~~どうして私はここにいるのだろう?」
    「なぜ、こんなとこに来てしまったんだろう」。
    「しまった~~~」
    と、頭を抱えながら、めちゃ落ち込む。

    でも、水を買わなくてはこれはまずい。
    と、気持ちを無理やり高めて水を買いにいったものの、次から次へとインド人に取り囲まれてしまいました。

    花や食べ物など、目の前に付きつけながら、5ルピー、20ルピーと強引な売り込みに混ざって、強引な物乞いの手が鼻先にいくつも集まります。
    振り払っても、振り払っても、つきまとう・・・
    あ~~っ、もう勘弁して~~
    水を買うのがこんな大変て?

    講義を受けに行く気にもなれず、ご飯を食べに行くのもいく気がせず、クラクションのうるささと暑さでもうろうとしながら、部屋に引きこもること20時間。
    することは寝る以外に瞑想しかないので、ひたすら瞑想してみました。

    いつしか眠ってしまい・・・・
    気づいたら4日目の朝。

    むむっ、なんだろう、この身体の内側からあふれるエネルギー
    外に出ていきたいという感覚、どんどん新しい体験をしたいという情熱・・・

    あきらかに昨日と何かが違っている。
    昨日あったものが、今はどこにもない。
    新鮮な感覚でいっぱいになっている。

    そしてふと気付く
    クラクションの爆音はあいかわらずドアの外で響いている
    でも、その音が気にならない。

    うわあ~抜け出たんだ~~という感動の一瞬でした。

    私たちは、嫌なものがあると、ずっとそれが気になってフォーカスしてしまう。
    フォーカスすると、もっとのしかかってくるのです。
    あるがままに認めることができると、それは気にとまらなくなります。
    あれこれ、嫌だと感じるものがたくさんあって、その感情をそのままに深く空の中に入ったことで、感情が溶けて癒されたのです。

    ぐちゃぐちゃの怪しい道も軽やかに歩きだし、早朝のレッスンから元気に出席したのは言うまでもありません。
    なんだか、やたらめったら話しかけたい気分で、目があう人にどんどん話かけるわ、先生にも質問するわ・・・で、おとといとは180度変化した、ありえない自分が現れました。

    あれほどの最悪の感情も、こんなにも早く溶かしてくれた瞑想パワーにあらためてうなずく体験でした。

    最悪~~インドなんて二度と来るものか!と思っていたのに、最後は、もう少し滞在したいなあと名残惜しく、そこでできた友人らと別れをして、また来たいなあと思いながら、帰路に着いている自分がいました。

    お 知 ら せ

    瞑想会

    • 8月22日(水)
    • 9月3日(月)、13日(木)

    広島 瞑想会

    • 8月19日、20日日 伝授8月18日
    • 9月22日 伝授21日

    逗子マリーナ宿泊瞑想会

    • 9月7日~8日

    気仙沼瞑想伝授 とフォロー

    • 9月9日~11日

    福島瞑想伝授

    • 9月12日
    Post Tagged with ,
Comments are closed.