物事には「時」がある。すべては、自然が、宇宙が決めること。

  • 期が熟す時


    Posted on 2012年5月6日(日) /カテゴリー: ONENESSに還ろう(メルマガ転載)

    ONENESSに還ろう- I am Healing 通信 vol.58

    物事には「時」がある。すべては、自然が、宇宙が決めること。はやく問題を解決しようと努力するのはコントロール、努力よりももっと素晴らしいやり方は「手放すこと」だ。自然のままに宇宙が与えてくれるものを、よろこんで受け入れよう。

    山々の緑が主張するような緑色になってきました。
    初夏到来です。

    私の庭も勢いが出てきました。
    植物からは本当にさまざまなことを教わります。

    いくつか種を蒔いたのですが、種まきには時期があります。

    早すぎても遅すぎてもうまくいかない。
    ふさわしいタイミングに蒔きさえすれば、後は自然がすべてうまくやってくれます。
    何もする必要がないのです。

    でも、もしも早すぎたり遅すぎたりすると、何か助けが必要になります。

    物事には「時」があります。

    その時に種を蒔けば、ほおっておいても成長します。

    蒔くという言葉自体が、草(くさかんむり)の時と書きます。
    この漢字を作った人はすごいなと思います。

    ものごともまるで同じです。

    芽を出したばかりのものに、早く咲いて!!とせかしても、まだつぼみもないのですから。

    ものごとも、芽がでて成長して、いつしかつぼみが開いて、実りをもたらす。

    期が熟すとはまさに。

    堅い実を早い時期に摘んでも甘くなりません。
    花も実りも、ふさわしい時があるのです。

    だから、早く夢を叶えたい!
    はやくこの問題を終わらせたい!・・・

    あわてるのはやめにしよう~~

    あわててイライラしても
    リラーーックスしてゆとりで待っても
    その時がくるのは同じです。

    そうなんです。
    今までも、これからも!

    すべては
    自然が、宇宙が決めることです。

    あわてるだけ、損 損

    力を抜いて行こう!

    義母の末期ガンが見つかったのが去年5月。
    余命3ヶ月と言われたのが、そろそろ1年。

    とうとう義母は準備を始めました。
    4日前に緊急入院して、今は交代で誰かがそばにいて観ています。

    自然に逆らうことになる延命治療は横目に、するべきことを終えるために準備をしている義母を手助けしたく、ただ穏やかな気持ちでいたいと思っています。

    ずっとまえ、フラワーデザインの仕事をしていたとき、花嫁さんのブーケづくりでさんざん学びました。

    つぼみの固いバラやユリを、冬ならありったけのストーブをつけて室温をあげて、早く咲かせようと頑張り。

    夏に、よく開いた花を長持ちさせるために、強引に、キンキンにエアコンを効かせて逆らったり。

    そんな風にコントロールが加わった花は形がゆがみます。
    自然な姿ではなくなります。

    「自然」とはなんだろう?
    それは、自分と周りにあるすべてのエネルギーが、滞ることなく循環している状態。

    自然な状態であれば、ただそこには調和しか起きません。

    はやく問題を解決しようと努力するのはコントロールです。
    私たちは、ずっっとそのやり方をしてきました。
    でも、努力よりももっと素晴らしいやり方があります。
    それが「手放すこと」「ゆだねること」といわれているものです。
    それが「自然のままに」です。

    自然のままに・・は何にもしないことではなくて、逆らわずにただ、目の前にあるものに全力投球すること。
    義母のそばにいて安心してもらい、義母が旅立つ準備を整えるのを見守っています。

    来週からいくつかイベントが予定されているので、何かがドタキャンされるかも知れませんが、いつ期が熟すかは宇宙に委ねるることしかできません。
    みなさま、よろしくお願いします。

    私も焦るのをやめました。
    なるようにしかならない。
    宇宙が与えてくれるものを、よろこんで受け入れます。
    今、そんな気持ちでリラックスしています。

    この冬はラヴェンダーの刈り込みをがっちしました。
    せっかくこんなにも大きくなったのだから、すっかり刈り込むなんてもったいない。
    軽く刈り込んで、そこから成長するほうがいいに決まっている!
    そう思うのですが、軽く刈り込んだラヴェンダーは、今ある状態から成長しなくてはならないので、そこには、こうあるべきという形が生まれます。
    でも、しっかり刈り込んで、去年成長したものをすべて刈り込んで、ゼロからスタートしたものは、思うように自由に成長できます。

    古い形があると、成長には制限があるのです。
    ゼロからのスタートはどんな形にもなれるのです。

    今生学んだものを全部手放して、またゼロから生きることを始めるなんて、なんだか無駄が多い気がするなあと思ったこともあるけれど、私たちが、もっともっと自由になれるように、人は命を終わらせて、新しく生きることを始めるんだなあと思います。

    生まれ変わることはすごいギフトなんです、きっと。

    植物たちが、新たに芽吹いて成長する様子をみながら、私もそうありたいと思います。
    義母にも、どうしても手放せずにいる古い観念に苦しむことを終わらせて、もっと幸せになるために、今、今生の精算をしているのを静かに見守っています。

    お 知 ら せ

    今後の瞑想会

    • 5月21日(新月・月曜日)
    • 6月5日(火)、7日(木)
    • 7月5日(木)、9日(月)、19日(木)

    広島 サイサニャーナ

    • 5月13日(日曜)10:00~17:00
    • 5月14日(月曜)10:00~17:00

    広島 瞑想会

    • 6月10日~11日 伝授6月9日 予定

    逗子マリーナ宿泊瞑想会 

    • 5月25日20時~24時
    • 6月15日~16日 予定

    逗子マリーナサイサニャーナ 

    • 5月26日11時~17時

     

    Post Tagged with , ,
Comments are closed.